ファクタリング

審査に時間がかからないので最短即日の資金調達が可能なファクタリングを利用しよう

ファクタリングは資金調達のための選択肢という点は理解していても、具体的にどのような特徴があるものかわからないと、利用するのに適しているか判断が難しい場合もあるでしょう。

ではファクタリングの利用に適しているタイミングとは、どのようなケースなのでしょうか。

実際にファクタリングの利用に適している場面がどのようなタイミングか想定しながら、利用するかどうか検討していくことが大切です。

少しでも良い状況で利用できるようにしましょう。

業績が悪くても資金調達が可能

企業の資金が足りないとき、銀行融資を利用するというケースが多く見られます。

しかし銀行融資で資金調達をしたいと考えていても、業績が落ちているタイミングだと融資を断られる可能性があります。

一方でファクタリングの場合、資金調達ができるかどうかに会社の業績は関係ありません。

売掛債権を売却して、その分の費用を確保できるのがファクタリングの仕組みです。

つまり売却できる売掛債権さえ所有していたら、業績に関係なく資金調達が可能な選択肢となっています。

融資が受けられないタイミングであっても資金調達に利用できる選択肢という点を理解して、状況に合わせて利用を検討しましょう。

短い時間で資金調達が可能

事業のためにすぐお金が必要というタイミングであっても、銀行融資を受けようと思うと審査の結果が出るまでに1週間以上かかってしまうことも珍しくありません。

資金調達までに1週間以上かかってしまうと、急いで支払いが必要なときに対応できず、信用を失うもしくはビジネスのチャンスを逃してしまう可能性があります。

一方ファクタリングは、銀行融資とは異なり比較的早いタイミングで資金調達ができる選択肢です。

最短で申し込みをしたその日のうちに資金調達が可能なので、急な支払いやビジネスチャンスを逃さず対応できます。

ただしファクタリングの場合、即日対応のものより支払いまで数日かかるタイプのものを選んだほうが手数料の負担が少なくて済むケースもあるため、手数料などを考慮したうえで利用することが大切です。

ファクタリングは業績に関係なく利用できることに加えて、最短即日での資金調達が可能な選択肢です。

そのため業績が悪化していて銀行での融資を断られたという場合や急いで資金調達をする必要があるなどのケースにファクタリングは適しています。

売却できる売掛債権さえあればファクタリングの利用は可能なので、資金調達に困っていて売掛債権を所有しているなら、まずはファクタリング会社に相談してみるのも1つの手です。

実際に利用するときには手数料に注意することを忘れないようにしましょう。

Related Posts

ファクタリングサービスによって資金を調達するということの意味はどこにあるのか?

中小零細の企業にとっては現金が回っていない、つまりは現金…

ファクタリングサービスと借り入れというのは明確に違う行為といえます

ファクタリングサービスは資金を得ること、現金を得ることが…

フリーランスならファクタリングをしやすい?利用するときの注意点は?

フリーランスで働いているとファクタリングなら資金調達がで…

手数料を安く抑えたければ3社間ファクタリングがおすすめ!審査も厳しくありません

ファクタリングは2社間だけではない?ファクタリングと言え…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です